ANAマイレージが貯まる最強カード

〜 マイレージ(無料)で海外旅行も夢じゃない。 〜

マイレージは飛行機に乗らなくても貯められる!

ANAマイレージクラブについてはこちら
年会費無料ですぐに入会できます。
入会と一緒に、このページで紹介しているテクニックも参考にして頂けると幸いです。
ブックマークしておいて、あとでもう一回来てくれちゃうって方は、またよろしくお願い致します。

m(_ _)m

それでは、本題に入らさせて頂きたいと思います。

普段の生活やショッピングでANAマイレージが貯められる事はご存知ですか?

ANAマイレージはマイレージの中でも一番貯められやすいマイレージです。
ここでは、一番効率よく貯められる方法を紹介します。

クレジットカードはマイレージを貯める必需品です。
あなたはマイレージを貯める為にどんなカードをお使いですか。
カードのポイントや特典を最大限に活用してますか?

カードのポイントってなかなか貯まらないし、
貯まっていてもあまり特典に感じる事って少ないと思います。

そんな意味の無いカード、今日で辞めませんか?

これからマイレージへの換算率が高い最適のカードを紹介したいと思います。

まずANAマイレージを貯めるには、本家の【ANA JCB】と【ANA VISA】カードがあります。
特に【ANA JCB】は、持っておきたいカードです。

ANA JCB
 カードの利用100円ごとに1マイル貯まります。
 またボーナスポイントもマイルへ移行可能です。
 特典として、年間のカード利用額によって換算率が変化。
  → スターβ: 50〜100万円の場合、100円で1.2マイル
  → スターα: 100万円以上の場合、100円で1.5マイル
 マイルへの移行手数料2100円
 年会費2100円
 入会ボーナス1000マイル
 毎年継続する度にボーナス1000マイル
 マイルに関するキャンペーンも多いので、さらに貯めやすいです。
 また毎月8万4千円ほど利用すればスターαになれるので、メインカードとして
 使えばマイル換算率はかなり良いです。
 
 また、VISAにはないANA JCBの特徴として、
 他のサービス( 見ると得する『CMサイト』ボイスポート )で
 貯めたポイントもJCB経由でマイレージに交換できるのも大きなメリットです。
 
 

ANA VISA
 カードの利用1000円ごとに10マイル貯まります。
 ボーナスポイントは移行不可能。
 マイルへの移行手数料6300円
 (1ポイント=5マイルのプランなら移行手数料無料)
 年会費2100円(マイ・ペイすリボにすると1050円)
 
 公式サイト・詳細はこちら → ANA VISAカード

【ANA VISA】はリボ払いによる年会費半額がありますが、
度重なる改悪やポイント2倍の特典が無いのでカード自体のメリットがあまり感じられません。
還元率や移行手数料とレートを考えると現時点では【ANA JCB】の方が断然有力だと思います。
どちらのカードも年会費とマイレージへの交換に費用が掛かってしまいます。
年間カード利用額が少ない人にとっては、後でご紹介する無料カードの方が得となる場合もあります。

ANAダイナース
 カードの利用10000円ごとに100マイル貯まります。(100円で1マイル)
 ショッピングα加盟店での利用は100円=2マイル
 毎年カード継続でボーナスの2,000マイル
 区間マイル+25%の搭乗ボーナスマイル
 マイルへの移行手数料無料
 年会費21,000円
 
 飛行機に乗る方はボーナスマイルが付くので、
 絶対に持っておきたいカードです。
 
 公式サイト・詳細はこちら → ANAダイナース

誰もが認める究極のステイタスカードであるダイナースとANAが提携し、両者の良いとこどりのカードが実現!!
さすがダイナースだけあって、マイル還元率がトップクラスであることはもちろん、カードご利用金額に一律の制限をありません。 その他にも、最高1億円の旅行傷害保険を自動付帯や、国内・海外の空港ラウンジが無料で利用できちゃいます。 出発までロビーの喧噪を離れて、ゆったり過ごすことができます。
その他にも様々な優待や割引があり、至れりつくせりのカードといっても過言ではありません。
年会費のコストパフォーマンスが非常に高く、それ以上に持つことの喜びがある信頼のカードとして、長期保有していく方におすすめです。

持っておきたい無料系の役立つカード

さらにマイレージを貯める為の、お得なカードを紹介したいと思います。
年会費や手数料が無料なので、こちらのカードの方が良いと思う方もいらっしゃると思います。

次の【ライフカード】はあなたの誕生月には欠かせないカードです。

ライフMasterカード
 カードの利用1000円ごとに4マイル貯まります。
 そして誕生月にはなんと5倍の1000円で20マイルです。
 また利用金額に応じたボーナス特典での特別ポイントゲット
  10万円以上で  50ポイント (200マイル)
  30万円以上で  100ポイント (400マイル)
  50万円以上で  100ポイント (400マイル)
  100万円以上で 200ポイント (800マイル)
 マイルへの移行手数料ゼロ
 年会費無料
 入会ボーナス50ポイント(200マイル)
 Edyチャージすると、チャージした分のポイントも付きます
 1回1万円以上のリボ払いにつき、20ポイント(80マイル)
 
 公式サイト・詳細はこちら → ライフカード

何と言っても、年会費とポイントをマイルへ移行する手数料が無料なところです。
マイレージを貯めるのに一切費用が掛からないところと、ポイントの還元率が高い事が
大人気の理由となっています。
そして、最近EDYへチャージしてもポイントが付かないカードが増えている中、
ちゃんとEDYチャージ分もポイントが付くところも逃せません。

また、【ライフカード】のご利用代金E-Mail送付サービスを申し込むと、請求書がメールで来るようになります。 1円でもカードを利用すると、請求書が来て10ポイント(40マイル)獲得になります。
年間にすると480マイルなので、毎月1回くらい利用すればかなりお得だと言えます。

★月10万円利用した場合
 ポイント付与 400マイル  ボーナス特典 200マイル
 ご利用代金E-Mail送付サービス 40マイル
 合計 640マイル(誕生月なら2240マイル)


楽天カード
 カードの利用100円ごとに0.5マイル貯まります。
 (楽天での買い物だと100円で1マイル)
 マイルへの移行手数料ゼロ
 年会費無料
 移行手数料がゼロというのが特徴。
 
 公式サイト・詳細はこちら → 楽天カード

年会費とポイントをマイルへ移行する手数料無料がおいしいカードです。
Edyチャージへのポイントは付きませんが、楽天での買い物は100円で1マイルとかなりお得です。
使用用途に応じてライフカードと一緒に使い分けるのが良いです。

★月10万円利用した場合
 ポイント付与 500マイル
 合計 500マイル(全て楽天で利用なら1000マイル)


次の【Sony Card】はソニー系列のショップやeLIOを利用する方には欠かせないカードです。

Sony Card
 カードの利用1000円ごとに1ポイント=3マイル貯まります。
 ソニーグループのeLIO加盟店での利用なら、1000円で9マイル。
 リボなら1000円で12マイル。
 マイルへの移行の参加料は無料。
 年会費も初年度無料。2年目以降の年会費は2,100円(税込)
 ただし年1回でも利用すると無料になります。
 
 公式サイト・詳細はこちら → Sony Card

2008年4月よりマイル移行の参加料が無料になりますが、1000円で3マイルへとダウンしました。
リボは1000円で6〜12マイル。ただし、EDYへのチャージでもポイントが貯まる貴重な数少ないカードのうちの1つです。
海外旅行保険が自動付帯していて「So-netの月額基本料が5%OFFになる」とか、お台場メディアージュでの割引きとかがあります。 ソニー系列の「ソニースタイル、スカイゲートなどで買物すると3%OFFになる」といった特典もあります。 ソニー好きには最高のカードだと言えます。

★月10万円利用した場合
 ポイント付与 300マイル〜
 合計 300マイル(リボなら300マイル以上)


マイレージをより貯める技

さらに効率よくマイレージを貯める方法があります。

Edy(エディ)という電子マネーを利用します。
Edyはクレジットカードに付いていたり、ANAマイレージクラブEdyカードに付いているIC型のカードです。
おサイフケータイでも利用することができます(オススメ)
Edyは全国の加盟店やコンビニ(am/pm、サークルKサンクス)で現金と同じ様に利用できます。
使い方は、クレジットカードからEdyにチャージ(入金)して利用します。

ANAマイレージクラブEdyカードやおサイフケータイの「ケータイ de Edyマイル」サービス登録を行うと、 200円につきANAマイレージが1マイルたまるんです。

しかも、クレジットカードから電子マネーEdyにチャージ(入金)するだけで、使ったクレジットカードのポイントもちゃんと貯まんです。

この利点をうまく利用すると、Edyにチャージした分のポイントと、EDYを利用した分で、
マイルの2重取りが可能なんです。

Edyにチャージしてポイントが貯まり、ANAマイルに交換できるのは素晴らしいカードは【ライフカード】と【Sony Card】です。

このカードをうまく活用して、マイルを沢山貯めちゃって下さい。

※注意
Edyチャージした分の請求は、いつも来るのが遅いので、カードの限度額が一杯になってしまう場合が多々あります。 その場合、チャージが出来なくなってしまうので、 補完用(サブカード)としてライフカードとSonyCardの両方を作っておいた方が絶対に損しません。

ライフカードの爆発力

ライフカードの特典で、1回のご利用金額が1万円以上で、「リボ払い」もしくは「3回以上の分割払い」にした場合、 利用ごとに20ポイント(80マイル)付きます。

つまりこれ、1万円単位でのショッピングですごい力を発揮します。
例えば2万円分のお買い物をする際、1万円分を2回に分けて購入するだけで、20ポイント×2回で40ポイント(160マイル)も付くんです。
つまり、2万円分チャージした場合
ショッピング分で【20ポイント(80マイル)】と、
リボ分割特典で【40ポイント(160マイル)】の
合計【60ポイント(240マイル)】を取得する事が出来ちゃうんです。

ものすごい爆発力だと思いませんか?

しかしリボの場合、金利が発生してしまいますが、ライフカードの場合、 1回目の支払いの前に、全額を返済すると金利が発生しないのです。 ポイントが確定した後に、この方法を使えば金利が発生しないで、ポイントだけ貰えちゃうのでお得です。
ポイントの確定はネット上で確認できますので、ポイント確定後にコールセンターへ電話し、 実際の返済方法を確認して下さい。


まとめ

毎月10万円程度の利用とポイントサイトや特典を上手に使えば、2万マイルくらいならすぐに貯まってしまいます。 2万マイルあれば、中国(香港含む)、台湾、韓国、グアムに無料で行けちゃいます。

毎月10万使うと考えると、難しいと思うかもしれませんが、実はクレジットカードってこんなところでも使えるんですよ。
スーパーや洋服などの買い物、病院、公共料金(電気・ガスなど)、家賃、携帯電話料金、定期代、ガソリン、タクシー、新聞購読料、税金(自動車税、地方税、固定資産税など)

これなら簡単だと思いませんか?

そうなんです。
意外と知らない人が多いのですが、知ってる人は簡単に貯めているんですよ。


Edyの使い方

Edyを利用するには、【Edyカード】と【パソリ】が必要になってきます。

Edyカードは、 ANAマイレージクラブに入会している方は、Edy付カードに交換できます。

おサイフケータイをお持ちの方であれば、上で紹介してきたカードをEdyアプリに登録できますので、
Edyカードがなくてもそのまま利用することもできます。

と、Edyカードは簡単に入手できると思います。

次にEdyにチャージする為の方法なのですが、パソコンはもちろん
パソリ(PaSoRi)と呼ばれる機器が必要になります。
SONY RC-S320 非接触ICカードリーダ/ライタ「パソリ」
↑画像クリックでAmazonへ↑
定価3000円ほどで、売っています。

パソリをPCに接続すれば、クレジットカードでEdyにチャージ(入金)することが出来るようになります。
詳しい設定方法はこちらを参照下さい。

おサイフケータイであれば、設定1つで、チャージからお支払まで全て携帯電話1つでできてしまうので、一番お勧めです。

いかがでしょうか?
クレジットカードとEdyを上手に活用すれば、こんなにもお得なんです!
まずは行動する事が大事です。
面倒かもしれませんが、最初の一歩が重要ですよ!
是非あなたの幸せなマイレージ生活に・・・



紹介したカードのまとめ

【ANA JCB】or 【ANAダイナース】と【ライフカード】を作って、補完用に【SonyCard】を使うのが良いです。
1.普段は【ANA JCB】や【ライフカード】(特に誕生月)を使います。
2.EDYにチャージするときはポイントが付く【ライフカード】と【SonyCard】

詳細・申込は下記リンクにて。
1.ANA JCBカード
2.ANA VISAカード
3.ANAダイナース
4.楽天カード
5.ライフカード
6.Sony Card

番外編

無料でポイントを貯めて、ANAマイレージに交換できるおすすめサイト

1.見ると得する『CMサイト』
2.ボイスポート
    上記2サイトはANA JCBカードを経由するとマイレージ交換率が高いです
3.ネットマイル