おサイフケータイNavi

おサイフケータイの特典を知らないアナタは損してる!
ドコモ・au・vodafoneのお財布携帯サービスを解説! Edy・Suica・FeliCaならココ!



 おサイフケータイについて

 おサイフケータイ サービス

 体験レポート

 ケータイ関連アイテム

 ケータイ超活用術

 技術情報


おサイフケータイの仕組み

おサイフケータイに詳しくなって合コンで目立っちゃおう

私がおサイフケータイにはまったキッカケも実は...

こちらのページでは、携帯電話でどうして「Edy」やそのほかの便利な機能が実現できるの?
という疑問に、おサイフケータイの仕組みを解明することでお答えしようと思います。

ちなみにこちらのページも知らなくてもおサイフケータイは楽しめますよ。(汗)
でも知ってれば上に書いたようなお得なことがあるかも...なんて共感してくれたアナタは読んでみてくださいね。

▼おサイフケータイの仕組み


おサイフケータイと他の携帯電話は何が違うのでしょう?
実はヒントはNTT DoCoMo(ドコモ)さんが出してくれています。
そうそれが「iモード FeliCa」なんです!
「iモード FeliCa」については用語集でも説明してますので読んでみてくださいね。

でもこれでもよくわかりませんよね。心配しないでください。私もサッパリでした。(汗)

つまり、「iモード FeliCa」という名前の通り、iモードとFeliCaが合体したものなんです!
これでもわからないアナタ。心配しないでください。私も(以下略

さらに言えば、iモードとICカード「FeliCa」が合体したもの...
どんどんわからなくなっていきますね。すみません...(泣)

そこで、まずはこの「ICカード」について紐解いていきましょう。
ICカードについても用語集で説明してますので読んでみてくださいね。
それからICカードのさらに詳しい仕組みについては、「IC カードの仕組み」でご紹介します。

簡単にご説明しますと、ICカードはキャッシュカードなどの磁気読み取り型カードとは異なり、その内部に「ICチップ」というものを内蔵しています。
このICチップというものがとてつもないスグレモノで、磁気カードの100倍近い情報を記録できるうえにその情報を書き換えてしまうこともできるのです。

つまり厳密には、おサイフケータイには本当にカードが入っているわけでなく、このICチップが内蔵されているわけです。
そのためおサイフケータイは、ICカードと同じようにEdyが使えたり、定期券やセキュリティカードの代わりになってしまうわけです。

でもこれだけならICカードと変わりませんよね。

もちろんこれだけじゃありません。
ICチップを携帯電話に内蔵することで、iアプリと連動できてしまうのです!
だからこそおサイフケータイでは、ICカードではできなかったオンラインチャージやチケット・クーポンの発行などいろいろなオンラインサービスを利用することができるのです。
正直、可能性は無限にありますよ。これからどんなサービスがでてくるのか楽しみですね。


おサイフケータイの仕組み1



上の図を使ってまとめますと、

@ICカード単体で使う場合はこの仕組みだけです。Edy、定期券、セキュリティカードなどがあります。

Aiアプリを使ってICチップ内の情報を見るための仕組みです。Edyの残高照会などがあります。

Biアプリを介してオンラインサービスを利用する仕組みです。オンラインチャージ、チケット・クーポン発行などがあります。


おサイフケータイの仕組み2



そしてもうひとつ、「FeliCa」についても紐解いていきましょう。
FeliCaについても用語集で説明してますので読んでみてくださいね。
それからFeliCaのさらに詳しい仕組みについては、「FeliCa の仕組み」でご紹介します。

簡単にご説明しますと、「FeliCa」とはSONY(ソニー)さんが開発したICチップおよびICカードの技術方式のことです。
そのため、この技術方式によるICチップをFeliCaチップ、あるいはFeliCa ICチップなどと言ったりします。
もちろんカードの場合はFeliCaカード、FeliCa ICカード...このあたりはニュアンスでお願いします。(汗)

おサイフケータイにはすべてこのFeliCaチップが入っていますので、最近ではFeliCaと言えばICチップを含むICカード機能全体のことを指すようになってるみたいですね。

これでようやく「iモード FeliCa」とつながったわけです。


▼パッシブタブとアクティブタブ


ここまで、おサイフケータイの中にICカードが入ったと説明してきました。
厳密には、ICカードがそのまま入ったわけではありませんのでご注意ください。

それが「パッシブタグ」「アクティブタグ」です。
ICカードに入っているICタグが「パッシブ型ICタグ」。
おサイフケータイに入ってるのが「アクティブ型ICタグ」です。


パッシブタグ
 電池を内蔵せず1m以下の近距離での交信が可能なタイプのICタグのこと。
 自らは電源を持たないため、リーダ/ライタのアンテナが放つ電波で電磁誘導を起し、
 その電力で駆動して交信を行います。
 このあたりは「ICカードの仕組み」で詳しくご紹介しますね。
 つまり、リーダ/ライタに近づけると勝手に電力をつくりだしてくれるので、
 電源を持たないICカードに使われているわけです。

 そのため、リーダ/ライタとの交信範囲は短いもので数mm、
 長くても数十cm程度に限られてしまいます。
 ただし、電池が切れの心配はなく、交信範囲が狭いことから
 混信しにくいなんてメリットもあります。


アクティブタグ
 一方、電池を内蔵して数十m程度の長距離でも交信できるのがアクティブタグです。
 携帯電話には電源が付いてますので、その電力を使っているわけですね。

 自らの電源で駆動して交信できるため、交信が可能な範囲は数十mもあります。
 その反面、電池の寿命が尽きると交信できないというデメリットも。

 じゃあケータイの電池が切れたら使えないじゃないか!というアナタ。
 ご安心ください。「おサイフケータイNavi」が調査してみたところ、
 ICタグの消費電力は微々たるものなので、電池が切れても平気なようです。
 もっとも、そのままずっと放置して電源の残りがゼロになってしまったですとか、
 電池パックを取ったり、放電してしまったりするとさすがに使えませんでした。


このように、電力供給の方法に違いはありますが、機能的にはまったく同じです。
さらに言えば、おサイフケータイのアクティブタグは交信範囲が広いため、
多少離れていても「ピッ」とできるようなサービスが出てくるかもしれませんね。

それにしてもオンラインサービスと連携できるわ、交信範囲は広いわで...
おサイフケータイの可能性には期待がふくらむばかりです。


▼書籍紹介


GJのイチオシ
おサイフケータイのすべて
おサイフケータイのすべてが分かります。
興味のある方や大体のことが載っていますので、参考にしてみてください。
最初のキッカケはこの本からサイトを立ち上げるまでに至りました。
基本はこの中にすべて詰まっています!

その他推奨書籍




以上がおサイフケータイの仕組みのご紹介でした。

ここまで読んでくださったアナタはすでにおサイフケータイ雑学王です。
合コンで目立つことマチガイナシ!

でもこんなんじゃまだまだ足りないというアナタ。
そんなアナタにはさらにマニアックなページをご用意してあります。
ただし、マニアックすぎて合コンで使うのはオススメしませんよ(笑)

「IC カードの仕組み」を読んでさらに知識を広げよう!
「FeliCa の仕組み」でおサイフケータイ博士になろう!!





→ TOPへ戻る

おすすめ
価格.com
携帯電話の本体価格と、料金プランを比較!あなたに最適な料金プランがわかります!


もはや言わずと知れた「価格.com」
おサイフケータイをお手ごろ価格でGETするには、まず価格.comでCHECK!
携帯電話買取
機種変更などでいらなくなった携帯電話を買い取ってくれます。
アナタのケータイのお値段をCHECKするだけでもOK!

まだ機種変更したばかりだし...というアナタ。
そんなアナタも今すぐおサイフケータイにして大丈夫!